僕がやっている簡単な自己啓発 Part 5【頭と気持ちを整理整頓】

僕は、整理整頓を常に意識するようにしている。
それは身の回りや机だけではなく、頭(意識)や気持ちも整理整頓している。

僕の考える整理整頓は、

  • 常に出し入れが容易にできる
  • 他人も出し入れ可能
の、この2点。


身の回りや机の整理整頓は、そのままで


  • 必要な時、すぐに取り出せることができるか。どうか。
  • 自分で取り出せない時、簡単な指示で、他人が取り出すことができるか。どうか。
これが基準だ。
別に『資料がキレイに並んでいる。』とかではなくても、いいと思っている。
すぐに取り出しができる。もしくは、他人が簡単に探すことができれば良いだけだ。
(非公開すべきことは、本当に他人が閲覧不可か。)

仕事は、自分一人だけでするものではないので、同僚などの力を借りることが多々あるし、多々あるべきだと思う。
そんな時に、自分しか知らない(秘密事項は別として)では、仕事にならない。
時々、勘違いして、『だから自分が必要なんだ』と、優越感に浸る人もいるけれど、それは大きな間違いだ。
本当に優秀な人は、優秀な人に囲まれる環境を作り出すことができる人だと思う。(人材育成も含めて)

だからこそ、誰でも容易に取り出せることが重要だと思っている。

身の回りや机の整理整頓は、難しいことじゃない。
僕は、優先順位(よく使用するもの、めったに使用しないものなど)を決め、分野ごとに分別している。
それだけでも、欲しい物を確実に素早く取り出すことができる。


そして、頭(意識)や気持ちの整理整頓の場合は

  • 必要な時、すぐにその知識を取り出せることができるか。どうか。
  • 状況に合わせ、意識を変化させる
このことを意識している。

自分の知識を正確に取り出すのに、全て暗記をする必要はない。学校のテストではないのだから。仕事で必要なのは、『正確に、素早く』であり、『資料を見ては、いけない』と言うことはない。
だから、僕は、先ずキーワードとその保管先(机の上など)を覚えるようにしている。
それだけなら、難しくないし、先ほどの身の回りや机の整理整頓ができていれば、簡単に頭の中のキーワードと実際の保管先をリンクすることができる。

そのうえ、知識の場合、取り出すことが多くなるほど、勝手に頭の中に情報が蓄積され、取り出すスピードも上がってくる。

だから、僕は、必死に全部覚えようとするのではなく、カンニング先をしっかりと作り、覚えるようにしている。


そして、気持ちの整理整頓になる『状況に合わせ、意識を変化させる』のは、現状を把握できるか。どうかに掛かってくる。
仕事なのに、遊び半分の気持ちでは、中途半端な仕事になってしまう。
仕事は仕事。プライベートはプライベートと、気持ちをしっかりと切り替えたり、クレーム時には真摯な対応を意識したりと、状況を把握できれば、難しいことはない。

ただ、慣れれば慣れるほど、忘れてしまいがちになってしまうから、僕は、意識して状況を把握し、意識して、意識を変化するようにしている。

たぶん、整理整頓は、大事なことと、みんなわかっていると思う。
でも、疎かにしてしまったり、後回しにしてしまいがちになりやすい。

だからこそ、僕は意識して、『整理整頓』を心がけるようにしている。


0 件のコメント :

コメントを投稿