僕がやっている簡単な自己啓発 Part 8【下を向いて、仕事をしない】

僕は、書き物などを除き、必要以上に下を向いて仕事をしないようにしている。
立っている時や歩いている時も、前を向き、下を向かないようにしている。

それは、「下を向いていると下向きに、前を向いていると前向きになる。」などの迷信めいたものではなく、第三者に与える印象のためだ。

人に与える印象は大事だと思う。
同じ話をしても、印象が悪い人と良い人では、第三者に与える影響が全然違ってくる。

下を常に向いている人は、第三者へネガティブな印象をどうしても与えてしまい、同じ職場内でも「もっと仕事を・・・」など、マイナス評価されがちになってしまう。
けれど、反対に前を向いている人は、第三者へポジティブな印象を与え、「あの人はしっかりしている」など、プラス評価が先行されやすい。

これを悪用しているのが詐欺などで、そういう人に限って、第三者に与える最初の印象が、「堂々としていて、しっかりと前を向き、自信に満ちている。」など、好印象を確実に与える。

悪いことをする為に「下を向くな。」ではなく、それだけ人は、印象に影響されやすい。

第三者の印象が良くなり、好意的に接する機会が増えると、自然と自分の気持ちもプラス思考に変化もするし、自信を持って仕事に取り組むことができるようになってくる。

「下を向かずに、前を向く。」たったこれだけでも、第三者を巻き込み、楽しく仕事ができるようになってくる。

だからこそ、僕は、常に前を向いて仕事をし、前を向いて歩いている。

※歌にもあるように、「前を向くより、上を向いたら、もっと良いのでは?」と思うけれど、僕が上を向いて仕事をしている人を見かけたとしたら、「何か別のことを考えている?」と思ってしまうので、上を向いて仕事をすることは、お勧めしない。


0 件のコメント :

コメントを投稿