個性って、なんだろう?

ここ最近、個性を重んじる傾向が、変な方向に向かって、進んでいるような気がする。

個性的なことは、決して悪いことではない。僕も、「個性的だ」と、よく言われる。
人には、それぞれの感性や感情があり、歩んできた道のりがある。
そんな人それぞれの個性が集まることで、新しいものが生まれてくるんだと思う。

個性がない、画一的な人の集まりでは、1+1=2にしかならないけれど、個性が集まることで、3にも4にもなってくる。

個性には、そんな力が秘められている。

しかし、最近は、個性の解釈を捻じ曲げ、変な方向へ導こうとする人たちが多く見受けられる。
代表的なのが、子供へ個性を強要する親だと思う。
髪が長い男の子など、一目で性別が判断できない子が増えてきている。
百歩譲って、子供が自分で選んでいるなら、構わない。
しかし、殆どが、親の趣味(希望?)による、強制でしかない。
そんな親に限って、「今は、個性が大事(大切)」や「うちの子は、みんなと違う」など、勘違いな自論を語る。

僕は、そんな人(親)を見ると、「自分の個性のために、子供を利用しているだけで、子供はアクセサリーやおもちゃじゃない」と、つくづく思う。
(僕の意見も、勘違いな自論かもしれないけれど。)

しかし、小さな頃から慣ら(洗脳)されてしまうと、本人も気付いた時には、自分の体の性と、気持ちの性との違いに悩んでしまうんじゃないか?
『性同一性障害』の中には、親のエゴに犠牲となった子供たちも少なくないと思う。
これは、『性同一性障害』への偏見ではない。もし、自分の子供が、体と心の性が違っても自分の子供であることは変わらないし、堂々として欲しいと思う。

僕は、個性を強制することが大間違いだと思う。
これは、家庭でも学校でも会社でも同じだ。

強烈な個性の人もいれば、あまり個性が目立たない人もいる。

でも、人それぞれ経験してきた過去は違う。同じ経験をした人は、誰一人といない。
感じ方、行動、表情など人それぞれ違うはず。

だから、誰にでも個性があり、個性的だ。それを必要以上に求めることは間違いだし、必要以上に個性を主張する必要もない。

ただ、自分が思ったことや感じたことを素直に表現するだけで、充分、個性を発揮することができる。

求めらて出す個性は、本当の個性じゃない。個性的に見て欲しい願望で作った個性だ。
そんな個性を求めるのではなく、人それぞれの感性、感情や行動を尊重する、本当の個性を引き出せる環境を作り出すことが、家庭や学校、会社の重要な役目だと思う。


0 件のコメント :

コメントを投稿