僕がやっている簡単な自己啓発 Part 17【頑張らない】

僕は、全力で仕事をしないようにしている。決して、頑張らない。
その理由は、余力を残すとか、カッコイイことではなく、ただ単に疲れてしまうからだ。

最近は年齢もあってか、疲れやすい。だから、仕事に於いても、ほどほどに手を抜き、省エネで仕事をするようにしている。
若かった頃は、仕事も遊びも全力でやっても疲れることはなかったけれど、今はそんなに体力がない。
しかし、年齢と経験を重ねたことで、要領がよくなり、若かった頃には全力でやっていたことを今は、適当に手を抜いてもできる(本当に?)ようになった。

そして、頑張らないことで、周りを見る余裕もできてくる。

どうしても、全力で頑張ると、周りが見えなくなってしまう。集中しているから、当たり前のことだと思う。
以前の僕は、何でも『自分がやる』という、思いが強すぎた。決して、それは悪いことではなく、そんな経験があったからこそ、今があるのかも知れない。
しかし、何度もこのブログで僕が述べているように、『仕事は一人ではできない。』
周りと共存し、協力してこそ、本当にいい仕事ができる。
そのためには、周りの状況をしっかりと見極める必要がある。余裕がなくては、周りの状況を見ることができない。

周りの状況をしっかりと見るためにも、頑張ってはいけない。余裕がなくなってしまうからだ。

周りをよく見るために必要なのは精神的な余裕だけではない。体力的な余裕もなければいけない。
疲れきっていては、疲れを癒すことが最優先になり、周りを見ている場合ではなくなってしまう。

どうしても、仕事に意欲的な人は、頑張りすぎてしまう傾向にある。

僕もそうだった。
でも、それでは上手くいかない。
頑張っている人は、頑張っていない人(普通に仕事をしているだけでも)を見下したり、非難してしまいがちだ。
そうすると、社内の雰囲気も悪くなり、同僚の協力も得られず、自分で何もかもしなくてはいけなくなり、ますます頑張る。もっと、雰囲気が悪くなってしまう。
悪循環に陥ってしまう。本人は、ただ単に仕事を頑張っているだけなのに。

余裕がなくなると、『人の粗』らしか見えなくなってしまうけれど、余裕ができると、他人の本心や長所が見えてくる。
他人の本心や長所がわかれば、共存する最適な道も見えてくる。
そうすると、社内の人間関係も円滑になり、会社としての充実した仕事ができる環境になってくる。

だからこそ、一生懸命に頑張らず、適当に手を抜いて、精神的にも、肉体的にも余裕を持つようにしている。


0 件のコメント :

コメントを投稿